1.  > 
  2.  > 

Oリングの不具合と対策

大小様々なサイズのOリングがございます。ゴム材質のOリングをご使用で、もしも空気やガス、油、薬品などの漏れが発生したときは、漏れたOリングの原品を観察し、その原因調査や不具合の対策に下記の表をご参考にしてください。

名称 現象 原因 対策
膨潤膨張 ゴムが軟らかくなり、Oリングが全体的に
大きくなっている(ふくらむ)
使用流体がOリングのゴム材料に侵入する 適合するゴム材料に変更する
抽出 ゴムが硬くなり、Oリングが全体的に
小さくなっている(やせる)
使用流体によるOリングのゴム材料に含まれる軟化剤が抽出する 適合するゴム材料に変更する
永久変形 Oリングがつぶされた形状で元にもどらない
(1)使用温度が高すぎる
(2)つぶししろが大きすぎる
(1)耐熱性の良いゴム材料に変更する
(2)溝寸法又はOリング寸法の見直しを行う
はみ出し Oリング全周又は部分的にちぎれている
Oリングが溝と相手面の隙間にはみ出し、溝のエッジでちぎれている (1)溝との隙間を小さくする
(2)高硬度のOリングを使用又はバックアップリングを併用する
オゾン亀裂 応力のかかった方向と垂直方向に
亀裂が生じている
(1)耐オゾン性の悪いゴム材料をオゾン雰囲気の強い箇所で使用した
(2)Oリングを必要以上に引き伸ばして使用した
(3)グリス等の塗布が不足していた
(1)耐オゾン性の良いゴム材料に変更する
(2)溝寸法又はOリング寸法を変更する
(3)装着時にグリスを十分に塗布する
ねじれ Oリングがねじれて変形している
(1)グランド溝の深さおよび幅が不均一である
(2)シリンダー内面と溝底面の表面仕上げが不適当である
(3)偏心運動している
(4)ねじれて取付けられている
(1)グランド溝の深さおよび幅を均一にする
(2)シリンダー内面を1.5S溝底面を3Sの表面仕上げにする
(3)偏心運動をなくする
(4)グリス等を用いて、取付けの際、ねじれないようにする
かじり Oリングが部分的にちぎり取られている
(1)シリンダーの小孔のエッジでちぎり取られている
(2)装着の時、シャープなエッジやネジ山等でちぎり取られている
(1)小孔の面取りをするなど設計変更をする
(2)治具を用いて装着する
摩耗 Oリングが運動方向と同方向に摩耗している
(1)シリンダー内面の表面仕上げが粗い
(2)潤滑が悪い
(3)つぶししろが大きすぎる
(4)塵埃、金属物などが侵入している
(1)シリンダー内面を1.5Sの表面仕上げとする
(2)潤滑をよくする
(3)太さの大きいOリングに変更してつぶししろを適正にする
(4)フィルターなどを設けて異物が侵入しないようにする
硬化 Oリングが硬くなり曲げると亀裂が生じる
(1)使用温度がOリングのゴム材料の耐熱温度を超えている (1)耐熱性の良いゴム材料に変更する
(2)使用温度を下げる

カタログダウンロード

PDFカタログ:Oリングの不具合とその対策
新しいウインドウで開きます。

PDF[124KB] カタログダウンロード

詳細な情報が掲載されたカタログデータがこちらからダウンロードできます。

Get ADOBE READERPDF形式のデータをご覧頂くにはAdobe Reader(フリーウェア)が必要です。
ダウンロードはこちらから。

このページの先頭へ

  • お問い合わせ・資料請求用メールフォーム
  • カタログ一覧

ピックアップコンテンツ

  • Oリングの装着ガイド、不具合とその対策など「Oリング」について
  • 材質の特性や硬度と、耐熱性など「Oリングの材料選定」について
  • 溝の寸法設計と、つぶし代寸法など「Oリングの溝設計」について