1.  > 
  2.  > 

Oリング装着ガイド

Oリングには様々なサイズと材質があります。Oリングを取り付ける色々な溝形状での設計方式と基準値(推奨)を記載いたしました。さらに運動用(摺動運動、回転運動)と固定用の場合注意点も併記いたしましたのでご参考にご活用ください。

空圧運動用

  • a.給油ありのケースでは、ピストンシールの場合でOリング1個でも可能ですが、耐久力、シール性を検討するときはOリングの2個装着をお奨めいたします。
    ロッドシールは、Oリング1個とダストシールの併用でこの間にはグリスを塗布ください。
    無給油でのご使用はピストンシールの場合でOリングを2個装着しOリングの間に潤滑剤としてグリスを塗布ください。
  • b.ロッドシールは、給油ありケースに準じてください。
  • c.Oリング2個装着の場合は図kのように設計ください。

このページの先頭へ

円筒面固定用

JIS規格Oリングと溝寸法を採用する場合でも寸法の許容差の組み合わせにより図lのように溝内径部にたるみが発生しますのでOリングをかみ込まないように装着ください。

このページの先頭へ

平面固定用

平面固定用は、図mのように内圧力がかかるもの(a)と外圧力がかかるもの(b)に区別できます。

  • a.内圧力はOリング外径をDに合わせ、外圧力ではOリング内径をdに合わせます。つぶし代は、圧力でのボルトの伸びやフランジ面の歪を考え円筒面固定用より大きく設計いたします。(c)のように壁を設計されないと圧力変動によりOリングの摩耗や脱落が発生することがあります。
    (c)のように壁を設計されないと圧力変動によりOリングの摩耗や脱落を発生することがあります。
  • b.内径が大きく(φ150以上)線径が細い(φ3以下)場合に図nのようにOリングが飛び出し締め付けると、Oリングの一部を切り取られる事がありますので、Oリングの飛び出し防止のためにOリングは線径の太いものを設計ください。
  • c.内圧力用で設計される場合、D寸法の比較的小さい範囲(φ30以下)において装着不具合が生まれる事がありますのでD寸法を若干(約0.2~0.3mm)大きく取ることをお奨めします。
    JIS規格Oリングと溝寸法を採用する場合でも寸、法の許容差の組み合わせにより図lのように溝内径部にたるみが発生しますのでOリングをかみ込まないように装着ください。

このページの先頭へ

真空フランジ用

Oリングを真空機器に使用する場合は一般の油圧用と較べ以下の注意が必要です。

  • a.気体が密封流体になりますので液体に較べ漏れやすくなります。
    その為接触面の表面粗さにご注意ください。
  • b.真空度に合うOリングのゴム材質を選定頂けなければゴムよりガスが透過します。

このページの先頭へ

特殊溝

1. 三角溝用

三角溝は、図oのように三方向からOリングをつぶすことから圧縮永久歪が比較的大きくなります。D、d寸法は規格Oリングであれば、寸法表中のD、d値に準じ、G寸法はOリング線径の1.3~1.4倍に設計ください。

2. V形溝用

V溝は、固定用で圧力が変動しない場合に設計されます。図pのように三方向からOリングをつぶすことから圧縮永久歪が比較的大きくなります。下記の表に溝設計を提示いたします。

Oリング規格名 線径と公差 溝巾G 溝底部R
AS-004~050 1.78±0.07 3.63 0.4
AS-102~178 2.62±0.07 5.2 0.6
AS-201~284 3.53±0.1 7.14 0.9
AS-309~395 5.33±0.12 10.8 1.3
AS-425~475 6.98±0.15 14 1.7

3. あり溝用

あり溝は、低速度の往復運動、固定用、あるいはOリングを装着したときに溝からの脱落を防止するために使用されます。溝の形状は図qのようになります。下記の表に溝設計を提示いたします。

●加圧用

(単位:mm)

Oリングの規格 線径 G±0.05
面取り前
G'
面取り後
0
H-0.05
R1 R
MAX
P3~P10 1.9±0.08 1.55 1.71 1.4 0.15 0.4
P10A~P22 2.4±0.09 2 2.22 1.8 0.2 0.4
P22A~P50 3.5±0.1 2.95 3.17 2.8 0.2 0.8
P48A~P150 5.7±0.13 4.75 5.18 4.7 0.4 0.8
P150A~P400 8.4±0.15 7.1 7.64 7 0.5 1.6
G25~G145 3.1±0.1 2.6 2.82 2.4 0.2 0.8
G150~G300 5.7±0.13 4.75 5.18 4.7 0.4 0.8
AS004~050 1.78±0.07 1.47 1.61 1.3 0.13 0.4
AS102~178 2.62±0.07 2.16 2.43 2.01 0.25 0.4
AS201~284 3.53±0.1 2.95 3.22 2.79 0.25 0.79
AS309~395 5.33±0.12 4.45 4.86 4.34 0.38 0.79
AS425~475 6.98±0.15 5.94 6.35 5.77 0.38 1.59

●真空用

(単位:mm)

Oリングの規格 線径 G±0.05
面取り前
G'
面取り後
0
H-0.05
R1 R
MAX
P22A~P50 3.5±0.1 3.05 3.27 2.5 0.2 0.8
P48A~P150 5.7±0.13 4.95 5.38 4.2 0.4 0.8
P150A~P400 8.4±0.15 7.35 7.89 6.3 0.5 1.6
V15~V175 4±0.1 3.45 3.77 2.9 0.3 0.8
V225~V430 6±0.15 5.25 5.68 4.4 0.4 0.8
V480~V1055 10±0.3 8.7 9.24 7.6 0.5 1.6
AS201~284 3.53±0.1 3.07 3.34 2.51 0.25 0.79
AS309~395 5.33±0.12 4.62 5.03 3.91 0.38 0.79
AS425~475 6.98±0.15 6.12 6.53 5.21 0.38 1.59

このページの先頭へ

カタログダウンロード

PDFカタログ:Oリング装着ガイド
新しいウインドウで開きます。

PDF[104KB] カタログダウンロード

詳細な情報が掲載されたカタログデータがこちらからダウンロードできます。

Get ADOBE READERPDF形式のデータをご覧頂くにはAdobe Reader(フリーウェア)が必要です。
ダウンロードはこちらから。

このページの先頭へ

  • お問い合わせ・資料請求用メールフォーム
  • カタログ一覧

ピックアップコンテンツ

  • Oリングの装着ガイド、不具合とその対策など「Oリング」について
  • 材質の特性や硬度と、耐熱性など「Oリングの材料選定」について
  • 溝の寸法設計と、つぶし代寸法など「Oリングの溝設計」について