華陽物産 株式会社

低摩擦リング(表面加工)

Oリングなどの表面加工とは

耐摩耗あるいは低摩擦係数、経年変化での癒着防止などのために、ゴムまたはその他の材質への特殊配合や、ライニング(被覆)、コーティング(塗装被膜)、表面化学処理などの加工があります。加工を施すことにより、滑り性やその他の効果を上げることが可能です。

特殊配合材料加工

ライニング方式の図解

ゴム材料にテフロン樹脂(PTFE)、モリブデン、オイル、その他を混練りすることから、すべり性を良くする方法です。ゴム材料へブレンドするため、基礎物性に変化を伴います。大量生産向けですが、ゴム弾生体の為、設計が容易で形状変化も少なくなっています。

表面処理加工

ライニング方式

コーティング(コート)方式の図解


テフロン(PTFE)フィルムを部分、若しくは全面にインサート成形するので、はく離強度が強く、過多運動にも比較的対応可能ですが、一部分にゴム表面層が露出するため、設計時に打ち合わせが必要です。また、加えて専用金型を必要とします。
コーティング(コート)方式

コーティング(コート)方式の図解


製品表面へテフロン、シリコーン、ウレタン等の塗装被膜をつける方法で、少量から大量生産にも対応可能ですが、表面被膜が薄いので過多運動では摩耗やはく離が発生しやすい方式です。
二重構造、テフロン被覆、被膜方式(Duetリング)

二重構造、テフロン被覆、被膜方式(Duetリング)の図解


ストローチューブ状テフロン樹脂(PFA、FEP)の中へゴム丸ヒモ(紐)を挿入し、ストローの端面と端面をシームレスジョイント(溶着)加工で製作するので少量より製作可能ですが、表面が固く大量生産では単価が下がらず高価となります。
表面化学処理加工(ハロゲン処理)方式
薬品の化学作用によりゴム部表面上にすべり性が生まれます。ゴム本体の物性値に変化がないことから効果の持続性が期待出来ますが、すべり性の強弱があります。 コーティングとの違いは、コーティング物質の摩耗やはく離性がないことです。

表面処理加工の多くの向上効果

滑り性の効果は、表面をすべり性へ転換する事によって動作荷重が小さい、機器制御が小型化する、発熱が小さい、摩耗が少ない、音の発生が小さい等、不良の原因が少なくなることで、それにより機器の安定性が抜群になり寿命も伸びます。また、交換の脱着時にこびり付かず交換が容易に出来ます。

さらに撥水性の効果(水滴が最小限)、帯電防止の効果(低い電気抵抗)、防汚性/清掃性の効果(汚れが付きづらく、落としやすい)、作業性向上の効果(パーツフィーダーでのゴム滑り性の改善)、その他の効果(耐摩耗性や耐候性、耐油性、塗膜による外観の美観を求められる)等に有効です。

弊社では、一部を除き樹脂や金属部品にも表面処理加工販売しておりますので是非ご相談ください。

表面処理加工

コート加工材質では、ウレタンコーティング、テフロン(フッ素樹脂)コーティング、シリコンコーティング、モリブデンコーティング、ポリエチレンコーティング、ポリエステルコーティング、セラミックコーティング、塩化ビニル(塩ビ)コーティング、ナイロンコーティング等々。

効能は、表面の耐薬品性、絶縁性、耐摩耗性、撥水性、摩擦力性等の強化や保護等です。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは03-5829-6901 メールでのお問い合わせはinfo@kayo-corp.co.jp