menu
華陽物産 株式会社

カルレッツ®

カルレッツ®とは

カルレッツOリング

カルレッツ®は、パーフロロエラストマーと分類される高分子材料です。カルレッツ®と同じく、フッ素系高分子に属するフッ素系樹脂(プラスチック)であるテフロン(PTFE:ポリテトラフルオロエチレン)、フッ素ゴム(エラストマー)の化学構造式を示しました。フッ素樹脂、フッ素ゴムともに、優れた耐熱、耐薬品性をもつことで知られています。

カルレッツ®の構造は、エラストマーの特微である主鎖部:TFE(テトラフルオロエチレン)、枝分れ部:PMVE(パーフロロメチルビニルエーテル)、および架橋部から成り、完全にフッ素化され、テフロンと極めて似た構造をしています。一方、フッ素ゴムは、主鎖部の一部に、炭素-水素結合が存在しており、この結合は、炭素-フッ素結合より弱いために、カルレッツ®と比較して熱的、化学的特性が低くなります。

カルレッツ®の特微

カルレッツ®パーフロロエラストマーは、米国デュポン社が開発した全く新しいエラストマー材料です。このエラストマー材料は、テフロン®フッ素樹脂のもつ優れた耐薬品性、従来のフッ素ゴムを上回る耐熱性を有し、さらにゴムのもつ弾力性を兼ね備えた画期的な製品で、世界でデュポン ダウエラストマー社だけが製造・販売しています。

その耐薬品性は、従来のフッ素ゴムでは使用が難しかったエーテル類、アミン類、ケトン類、酸化剤、有機溶剤、燃料、酸、アルカリなど、ほとんどの薬品に対して安定性を示し、耐熱性(JIS K6301などの圧縮永久ひずみ試験の結果に基づく)においては、300℃近くの高温においてもゴムとしての物性を比較的保ちます。このため、例えばカルレッツ®部品を半導体製造装置用シール材に用いた場合では、「シールの長寿命化」、「半導体製品の歩留り向上」、「メンテナンスコストの減少」、「より低いコンタミネーション」等が期待できます。

カルレッツの耐熱性と耐薬品性を示す図

エラストマーとは

エラストマーとは、伸び率が100%以上の弾性体で、外力を与えると容易に変化しますが、覗くと直ちに原形にほぼ回復するような弾性の顕著な高分子に分類されるプラスチックの化学構造模式図を示しました。エラストマーとプラスチックはともに、炭素ー炭素結合を繰り返しの最小単位とする長い高分子鎖(主鎖)で構成されています。プラスチックがお互いの高分子鎖同士の結合をもたないのに対して、エラストマーは架橋部によって高分子鎖同士が化学結合で結ばれており、この架橋部と高分子鎖についている枝分れ部によって、エラストマー性(弾性)という特性を示します。また、この架橋構造をもつことで、熱、圧力に対して安定となります。

カルレッツ®のラインアップ

0040
カルレッツ#0040
硬度(ショアA)…70
耐熱目安(℃)…-42~220
低温アプリケーション用途。
0090
カルレッツ#0090
硬度(ショアA)…95
耐熱目安(℃)…250
石油/ガス産業での急激なガス爆発的減圧サービス向けの高硬度カルレッツ®
1050LF
カルレッツ#1050LF
硬度(ショアA)…82
耐熱目安(℃)…288
アミン類に対して最適の材質で一般的な耐薬品性に優れている。200℃以上の熱水/水蒸気の雰囲気には注意。
4079
カルレッツ#4079
硬度(ショアA)…75
耐熱目安(℃)…316
強酸、有機酸を含む一般耐薬品性に優れたカルレッツ®の標準材質。高温使用時における圧縮永久歪が最も優れる。アミン類には要注意。熱サイクルでの使用は280℃以下が望ましい。
6005
カルレッツ#6005
硬度(ショアA)…69
耐熱目安(℃)…275
酸素単体、酸素+フッ素混合のラジカルプラズマ下でのクラック耐性に優れたエッチャー/アッシャーに最適な材質。
6190
カルレッツ#6190
硬度(ショアA)…73
耐熱目安(℃)…300
成形性に優れた材質。大量生産対応やカスタム形状向けグレード。
6230
カルレッツ#6230
硬度(ショアA)…75
耐熱目安(℃)…260
医療・食品製造プロセス向け標準配合。
6236
カルレッツ#6236
硬度(ショアA)…90
耐熱目安(℃)…250
食品・医薬品業界向け。サニタリーガスケット用配合。USP及びJP対応。
6375
カルレッツ#6375
硬度(ショアA)…75
耐熱目安(℃)…275
アミン類に対して最適の材質で、幅広い腐食性流体に対して耐薬品性が優れた材質。抽出物が非常に少なく、ウェット用途に適している。
6375UP
カルレッツ#6375UP
硬度(ショアA)…75
耐熱目安(℃)…275
アミン類に対して最適の材質。幅広い腐食性流体に対して耐薬品性が優れた材質。抽出物が非常に少なく、ウェット用途に適している。
6380
カルレッツ#6380
硬度(ショアA)…80
耐熱目安(℃)…225
黒色ではなく、耐薬品性に優れた材質。
6880
カルレッツ#6880
硬度(ショアA)…70
耐熱目安(℃)…250
特にエーテル類・エステル類・ケトン類およびアルコール類に優れた耐薬品性。ペイント業界向けグレード。
6885
カルレッツ#6885
硬度(ショアA)…75
耐熱目安(℃)…270
特にエーテル類・エステル類・ケトン類およびアルコール類に優れた耐薬品性。
*ペイント業界向けグレード
7075
カルレッツ#7075
硬度(ショアA)…75
耐熱目安(℃)…327
最高の耐熱目安と、低温域での優れた圧縮永久歪特性を兼ね備えた、画期的な材質。
7090
カルレッツ#7090
硬度(ショアA)…90
耐熱目安(℃)…325
高硬度/モジュラス、良好な圧縮永久歪特性をもつ、高耐熱材質。
8002
カルレッツ#8002
硬度(ショアA)…69*
耐熱目安(℃)…275
充填材を一切含まず、プラズマ照射時にパーティクルの発生がほとんどない材質。あらゆる種類のプラズマに対して、耐プラズマ性および、耐熱性に優れた材質。
*JIS6253のスラブによるテストJIS
8085
カルレッツ#8085
硬度(ショアA)…82
耐熱目安(℃)…240
HDP-CVP、PE CVDのアプリケーション用に開発されたカルレッツ®材質。特にNF3プラズマの環境下でのパーティクルを低減出来る材質。機械特性に優れているため、スリットバルブ、ゲートバルブ等にも最適。
8475
カルレッツ#8475
硬度(ショアA)…60**
耐熱目安(℃)…300
耐熱性、低放出ガス特性に優れた材質。拡散炉、LD-CVD等の耐熱用途に実績がある。
**ASTM D2240ペレットによるテスト
8575
カルレッツ#8575
硬度(ショアA)…62**
耐熱目安(℃)…300
耐プラズマ性に優れており、カルレッツ®白色材質の中でプラズマエッチング等に最も実績がある材質。
**ASTM D2240ペレットによるテスト
8900
カルレッツ#8900
硬度(ショアA)…83
耐熱目安(℃)…325
耐熱性、低放出ガス特性に優れた黒のカルレッツ®材質。高温プロセスでのシール性、機械特性も優れている。
9100
カルレッツ#9100
硬度(ショアA)…68
耐熱目安(℃)…300
フッ素系・酸素系プラズマ両者の耐プラズマ性能を保有し、非常に優れた低パーティクル・放出ガス特性を持っている。固定部・稼働部にかかわらず、優れた機械特性とシール性能を示す。
9300
カルレッツ#9300
硬度(ショアA)…74
耐熱目安(℃)…300
酸素/フッ素プラズマ及びエッチングプロセスに対し非常に優れた耐性を示す。
9500
カルレッツ#9500
硬度(ショアA)…75
耐熱目安(℃)…310
SACVD、アッシングプロセスガス(オゾン、アンモニア、水蒸気)に対し、非常に優れた耐性を示す。
LS205
カルレッツ#LS205
硬度(ショアA)…75
耐熱目安(℃)…225
医療・食品製造プロセス向け白色新配合。

カタログダウンロード

カルレッツ®の原理、カルレッツ®の特徴、カルレッツ®のラインアップ(種類)やOリングサイズ表他など、詳細な情報が掲載されたカタログデータが、こちらからダウンロードできます。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは03-5829-6901 メールでのお問い合わせはinfo@kayo-corp.co.jp