華陽物産 株式会社

カルレッツ®

カルレッツOリング

カルレッツ®とは

カルレッツ®は、パーフロロエラストマーと分類される高分子材料です。カルレッツ®と同じく、フッ素系高分子に属するフッ素系樹脂(プラスチック)であるテフロン(PTFE)、フッ素ゴムの化学構造式を示しました。フッ素樹脂、フッ素ゴムともに、優れた耐熱、耐薬品性をもつことで知られています。

カルレッツ®の構造は、エラストマーの特微である主鎖部:TFE(テトラフルオロエチレン)、枝分れ部:PMVE(パーフロロメチルビニルエーテル)、および架橋部から成り、完全にフッ素化され、テフロンと極めて似た構造をしています。一方、フッ素ゴムは、主鎖部の一部に、炭素-水素結合が存在しており、この結合は、炭素-フッ素結合より弱いために、カルレッツ®と比較して熱的、化学的特性が低くなります。

カルレッツ®の特微

カルレッツ®パーフロロエラストマーは、米国デュポン社が開発した全く新しいエラストマー材料です。このエラストマー材料は、テフロン®フッ素樹脂のもつ優れた耐薬品性、従来のフッ素ゴムを上回る耐熱性を有し、さらにゴムのもつ弾力性を兼ね備えた画期的な製品で、世界でデュポン ダウエラストマー社だけが製造・販売しています。

その耐薬品性は、従来のフッ素ゴムでは使用が難しかったエーテル類、アミン類、ケトン類、酸化剤、有機溶剤、燃料、酸、アルカリなど、ほとんどの薬品に対して安定性を示し、耐熱性(JIS K6301などの圧縮永久ひずみ試験の結果に基づく)においては、300℃近くの高温においてもゴムとしての物性を比較的保ちます。このため、例えばカルレッツ®部品を半導体製造装置用シール材に用いた場合では、「シールの長寿命化」、「半導体製品の歩留り向上」、「メンテナンスコストの減少」、「より低いコンタミネーション」等が期待できます。

カルレッツ®のラインアップ

1050LF
硬度(ショアA)…82、耐熱目安(℃)…288
アミン類に対して最適の材質で一般的な耐薬品性に優れている。200℃以上の熱水/水蒸気の雰囲気には注意。高温時の放出ガスが最も少ない。
4001
硬度(ショアA…56、耐熱目安(℃)…270
充填材を含んでいない材質であり、硬度が最も低く、オゾンなど酸化性雰囲気に対しての最適材質。
4079
硬度(ショア)…75、耐熱目安(℃)…316
強酸、有機酸を含む一般耐薬品性に優れたカルレッツ®の標準材質。高温使用時における圧縮永久歪が最も優れる。アミン類には要注意。熱サイクルでの使用は280℃以下が望ましい。
6190
硬度(ショア)…、耐熱目安(℃)…300
成形性に優れた材質。量産対応グレード。
6221
硬度(ショア)…70、耐熱目安(℃)…260
米国食品衛生法認証グレード
6230
硬度(ショア)…75、耐熱目安(℃)…260
米国食品衛生法認証グレード。FDA認証グレード。
6236
硬度(ショア)…90、耐熱目安(℃)…250
食品・飲料・医薬品業界向。ヘルールガスケット用グレード。
6375UP
硬度(ショア)…75、耐熱目安(℃)…275
幅広い腐食性流体に対して耐薬品性が優れた材質。ウェット用途に適している。
6880
硬度(ショア)…70、耐熱目安(℃)…258
特にエーテル類・エステル類・ケトン類およびアルコール類に優れた耐薬品性。
7075UP
硬度(ショア)…75、耐熱目安(℃)…327
耐熱性、低放出ガス特性に優れた黒のカルレッツ®材質。高温プロセスでのシール性、機械特性も優れている。
6885
硬度(ショア)…75、耐熱目安(℃)…270
特にエーテル類・エステル類・ケトン類およびアルコール類に優れた耐薬品性。
*ペイント業界向けグレード
8002
硬度(ショア)…69、耐熱目安(℃)…250
充填剤を一切含まず、プラズマ照射時にパーティクルの発生がほとんど無い材質。耐熱性にも優れている。あらゆる種類のプラズマに対して、耐プラズマ性および、耐熱性に優れた材質。
8085
硬度(ショア)…82、耐熱目安(℃)…240
HDP-CVP、PE CVDのアプリケーション用に開発されたカルレッツ®材質。特にNF3プラズマの環境下でのパーティクルを低減出来る材質。機械特性に優れているため、スリットバルブ、ゲートバルブ等にも最適。
8475
硬度(ショア)…72、耐熱目安(℃)…300
耐熱性、低放出ガス特性に優れた材質。拡散炉、LD-CVD等の耐熱用途に実績がある。
8575
硬度(ショア)…74、耐熱目安(℃)…240
耐プラズマ性に優れており、カルレッツ®白色材質の中でプラズマエッチング等に最も実績がある材質。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは03-5829-6901 メールでのお問い合わせはinfo@kayo-corp.co.jp