華陽物産 株式会社

Oリングの材質選定

ゴム材質の選定

Oリングの材質選定の必要性

Oリングは、様々なご使用条件において適応できる材質を選定しなければ、「油にOリングが溶けて漏れた」「Oリングが熱さに負けて劣化が早い」と言うような不具合が発生いたします。

これは、ゴムなどのOリング汎用材質に、全てに良好な材質がないためです。しかし特殊な良い材料は高価であり、入手性に難が出やすく、過剰品質からコストに合わないことがあります。そこで、汎用材質の『○○に強いが××に弱い』と言う特性を考え、何に重点を置くかということが重要になります。

材質(材料)と特性(性質)

NBR (ニトリル)1種A
ゴム硬度 70°Hs 最も一般的材料で耐油性、耐摩耗性に強い。
NBR (ニトリル)1種B
ゴム硬度 90°Hs 1種A材料に同等で耐圧性に優れる。
NBR (ニトリル)2種
ゴム硬度 70°Hs ガソリン、軽油、灯油等の燃料油に優れた耐油性を持つ。
HNBR (水素化ニトリル)
NBRの耐熱性、耐候性、耐薬品性を改良した特性を持つ。
SBR (スチレンブタジエン) 3種
エチレングリコール、ブレーキ油等の動・植物油に優れた特性を持つ。
Si (シリコ-ン/シリコン) 4種C/VMQ/Q/SR
耐熱性、耐寒性を持ち優れた圧縮復元力を持つ。
FKM (フッ素/バイトン) 4種D/FPM
最も優れた耐油性、耐熱性、耐薬品性を持ち、広範囲に使用できる。
ACR (アクリル) 4種E ACM/ANM
NBRを越える耐熱性、耐油性があり、エンジン油、ギヤ油、トルコン油などに優れている。
CR(クロロプレン/ネオプレン)
耐候性、耐油性に優れる。耐フレオンガスに最も優れている。
EP (エチレンプロピレン) EPDM/EPT
耐候性、耐オゾン性に優れる。
極高ニトリル (ニトリル)
耐燃料油性に優れており、ガソリンに最も適する。
IIR (ブチル)
耐薬品性、耐水性に優れ、各種気体を透過し難い。
PUR (ウレタン)/U
耐摩耗性、耐引裂性、耐候性、耐寒性等に優れる。
CSM (ハイパロン)
耐候性、耐オゾン性、耐薬品性等に優れる。
PTFE (テフロン)/4F
耐熱、耐薬品、非粘着性等々に、非常に優れるが弾性体ではない。
SUS(インコロイ/メタル/金属)
高温・高圧力・高真空に優れる。 材質は金属です。
FFKM (パーフロ/カルレッツ®/ケムラッツ®)
耐熱性、耐薬品性、耐溶剤性がゴムの中で最高の材質です。
FVMQ (フロロシリコーン)
耐寒性、圧縮永久歪み、耐油性に優れる。

ゴム硬度

石油合成系(NBR/CR/EP等)
40°Hs~90°Hs (NBR、SBR、ACR、CR、EP、IIRなど)
シリコ-ン/シリコン
20°Hs~80°Hs (Si)
フッ素/バイトン
50°Hs~90°Hs (FKM)

耐熱性、使用温度範囲目安

【標準材料】

  • 1種A…-30°~100 (120)
  • 1種B…-25°~100 (120)
  • 2種…-25°~80 (100)
  • 3種…-50°~80 (100)
  • 4種C…-50°~200 (220)
  • 4種D…-15°~200 (220)
  • 4種E…-15°~130 (150)

【特殊材料】

  • EP…-45°~130
  • IIR…-40°~120
  • CR…-45°~100
  • アフラス…±0°~200
  • HNBR…-20°~150

*()内はMAX値
*使用温度範囲はご使用の条件や環境によって異なりますので、必ずご試験下さい。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは03-5829-6901 メールでのお問い合わせはinfo@kayo-corp.co.jp